30代SEの転職

30代SE転職を考える理由とは?

IT技術者としてのスキルや知識を身につけるためSEとして入社したものの、将来的に希望が持てるような仕事に就けず、転職を考える人も少なくありません。SEからの転職を考える理由として特に多かったのは以下のような理由でした。

・スキルアップにつながらない単調な仕事しかできない
・仕事量が多いのに給料は安い
・ITゼネコン構造により、将来に希望が持てない

特にSLer業界は他の職種に比べ特殊で、会社によっては入社時に将来、会社でのITエンジニアとしてのスキルやキャリアも決定してしまう傾向があります。これはSI業界の構造、「ITゼネコン構造」によるものです。

「ITゼネコン構造」とは、SI業界における下請けピラミッド構造を意味します。ピラミッドの頂点に立つ大手ITベンダーは主に発注元の企業から請けおったシステム開発業務の「管理・調整」を担い、実際にシステム開発を行うのは、その下請けや孫請けとして働く多くのSE達です。この「ITゼネコン構造」により、案件を受注した企業との間に、下請け・孫請けなど間に会社が入るほど中間マージン料が増え、受注金額もどんどん安くり、当然SEに支払われる給料も安くなります。

また、下請け→孫請けと末端企業に行けば行くほど業務内容は、単純なプログラミングやテストなど誰にでもできる単調作業ばかりをやらされる傾向があります。このため、キャリアアップや遣り甲斐のある仕事をやりたいと考えている人にとって、現在のSI業界(特に2次請け・3次請けの企業)は期待外れの場となりつつあります。

特にSEとしてのスキルや知識がさほど高くないケースでは、30代以降SEとしての価値が徐々に下がっていく傾向があります。このためSEとして今後活躍していけるかどうかの判断であれば、30代が大きな分岐点になると言えます。SEは潰しのきかない専門職と言われていますが、それでも年齢の若さは大きなアピールポイントとなります。

そこで今回は、現在の仕事内容に悩み転職を考えているSEの方に向け、SEの経験やスキルを活かしつつ30代でも転職に成功できる方法について以下に紹介します。

SEからの転職 どんな業種・職種が向いている?

SEからの転職を考えている人の中には、次にどんな業種・職種に進むべきか決めかねているケースも多いでしょう。中には「自分はSEとは違う職種が向いている」と判断してSEとは全くの異業種に転向したいと希望する人もいます。しかし、未経験でも採用できる会社はブラック企業の確率も高く、失敗の確率が高いので注意が必要です。

そこでSEのキャリアを活かし異業種への転職で成功したいのであれば、IT業界以外の企業(金融やメーカー、流通など)の社内SEとして転職するのも手段です。こういった社内SEのほとんどは社内のIT関連業務(現存のシステムの運用やマーケティングの顧客分野など)と幅広く、うまく活用できればそれをきっかけに新たなスキルを積み、キャリアアップにつなげていくことも可能です。また、自分自身の作ったシステムの評価が分かりやすく、同じ勤務先なのでマネージメントしやすいなどの様々なメリットもあります。

因みに社内SEの平均年収は500万円程度で、年齢別に見ると20代後半で400万円、30代前半500万円弱程度、後半で550万円程度となっています。特に外資系企業は、社内SEとして様々な業種があり、国内企業と比較すると給料が高めに設定されているのが特徴です。また、外資系企業には優れた技術を持つSEがたくさん在籍しているので、共に働くことで、スキルやノウハウなど様々なことを学ぶことができ、自分自身のキャリアップにつながります。

ただ、外資系が求める社内SEの条件として、若い人材(30代前半くらいまで)を求める傾向が強いので、その点は念頭に入れておきましょう。また、年収ばかりに拘り過ぎず、本当に自分のスキル、条件に合った会社を選ぶことがベストです。そのためには転職エージェントを利用して自分に合った求人探しをサポートして貰うことが1番の近道です。

社内SEへの転職 ~ 転職成功の確率を高めるためには?

Slerに在籍するSEから社内SEとして転職先を探すときは、まず自分の求める条件、スキルに合ったところを選ぶことが大切です。実際、社内SEの求人は増加しつつありますが、IT業界全体から見るとまだまだ少ないのが現状です。

このため社内SEの募集に対して応募者が殺到するケースも多々生じます。こういった厳しい生存競争を勝ち抜くためにやはり自分一人の力では限界があります。そこで、転職エージェントの力を借りて自分に合った条件の企業を探すサポートをしてもらうことも非常に有効な手段です。

まずは転職エージェントに登録することで豊富な情報・知識を持ったキャリアコンサルタントが、応募書類、面接日程の調整、様々なアドバイス、応募先企業との条件交渉など多岐に渡ったサポートをしてくれます。

転職エージェント最大のメリットは、コンサルタントからの応募先のそれぞれの企業に対して自分のどんな部分をアピールするべきか適確にアドバイスをして貰えることです。このため、転職成功率が確実にアップするだけでなく、転職後のミスマッチなどのトラブルのリスクも下がります。特に現在働きながら、転職活動を行っている人は、なおさら転職エージェントを利用してご自身の納得できる転職先を見つけられることをおすすめします。

特に、マイナビエージェント×ITやDODAエンジニアなどはSEやIT業界へ転職に適したおすすめの転職エージェントです。

30代で仕事探し中の女性の転職アドバイス

5年後の自分を考える

まず、自身の現状と理想をしっかり把握します。
5年後、結婚していたりお子さんが生まれていたりと、そういった現実があるのかもしれません。また、仕事第一に生きたい人も、どんな仕事をしてどんな生活を送っていたいのか、将来像を一度ゆっくり考えてみましょう。
仮に転職しても解決できない問題も沢山あり、転職を失敗する事も多々あります。

譲れない条件を明確にする

転職する歳に、譲れない条件(落とし所)を明確にします。
例えば、以下のような条件が多いようです。
・キャリアアップ
・家族との両立
・プライベートとの両立
・復職できるか
転職に成功する方はこれら条件が少なめで、多くて3つ程度と言われています。

ウケの良い履歴書・職務経歴書の作成

ここでは自身の履歴書・職務経歴書を、ウケの良い書き方にしていきます。
嘘ではありませんが、時に誇張表現も必要です。これにより、「何をしてきた」「何が出来る」「何をしたい」を明確にして文章に落とし込んでいきます。
また、重要視されるスキルや資格については詳細に書き、自身が何に強い人間か文章で書いて、理解してもらう必要があります。

忍耐強く前向きに

転職活動は長期に渡る耐久戦です。なかなか希望通りの会社は見つかりませんし、それだけ忍耐とエネルギーが必要です。
また、お祈りメールが届くと、その会社に頑張った分だけ哀しくなります。
長期戦になると息抜きも必要ですし、ムリしないペースで頑張ることも大切です。
「数打てば当たる」の考えで、気楽に応募してみましょう。

直接応募だけではなく、転職サイトを使う事もおすすめです。
女性専門の転職サイトがありますので、それらを複数登録すると良いでしょう。
・女の転職@type
・リクナビNEXT
・マイナビエージェント
・リクルートエージェント

また、正社員にこだわるのではなく、契約社員・パート・アルバイトでも探してみましょう。企業によって求める人材は異なり、正社員よりパートの方が自身の条件にマッチしている場合もあります。

転職してとりあえず3年は頑張る

「石の上にも三年」といいますが、短期で転職を繰り返す人は「ジョブホッパー」として敬遠されてしまいます。先に5年後の自分とありましたが、その前に「3年後の自分」というものをプラスして、その職場でまず3年間は頑張ってみましょう。よほどセクハラやパワハラが続くような問題のある職場でなければ、少し頑張る時もあるかもしれませんが続けられると思います。

まだ30代なのに仕事が決まらない人へ

やりたい仕事がわからない・決まらない

新卒から10年ちょっと仕事をして、一息つくタイミングが30代。
また、結婚・出産から持病の発症などで環境が変わってくるのもこの時期です。
いざ周囲の環境が変わった時、転職を迫られ「やりたい仕事が無い・わからない」「いくら応募しても決まらない」といったお話はよく聞きます。

応募しても返事が来ない

転職を考え数社応募してみたけど、いずれも返事が来ないというのはよくある話です。実際、人事・総務が手慣れていない関係で手続きが遅くなる会社はよくあります。
また、採用資料の取り扱いは会社によって異なるため、返事が無い場合も考えられます。

お祈りメールに心打ちのめされる日々

本命の会社からのお祈りメールはとても辛いものがあります。
それが何通も何通もつづくと、実際気が滅入ってしまう人も少なくありません。
ただ、それだけマジメな人が多いのがこのタイプだと思います。

実際はやる気が無いのではなく、やり方がわからないだけ?

しかし、もしかしていきなり本命にアプローチしていないでしょうか?
本命にいきなりアプローチするからこそ、振られた時のショックは大きいものがあります。

転職エージェントに相談してみよう

就職したい業界が決まっていれば、転職エージェントに相談してみましょう。
彼らは一人でも転職が決まってくれる事が成果ですので、親身に相談に乗ってもらえます。

とにかく応募する(数をこなす)。

どんな不利な条件であっても、落とし所が見つかれば応募できる企業はあります。
まずは応募したい企業へ片っ端から応募してみましょう。「数打てば当たる」です
転職エージェントを使っている場合、応募そのものをエージェントが代行してくれますので、より数をこなす事ができます。
また、転職エージェントを使った場合、エージェントによっては不採用理由を教えてくれる場合もありますので、その後の応募へフィードバックする事もできます。

お祈りは社交辞令として受け止め、いちいち凹まない

企業によって採用担当者のスキルは千差万別であり、決して一定の水準ではありません。また直接応募の場合、その時々の事情により採用のハードルは変わります。
とりあえず面接まで何社進めるかを基準に考え、数をこなしてみましょう。

おわりに

どのようなシチュエーションで就職・転職を考えられているかは各々異なると思いますが、高望みさせしなければ行くところは沢山あると思います。また、地方への転職の場合「スペックが高すぎて」と落とされる場合も少なくありません。よく話し合う事をおすすめします。

30代職歴なしからITエンジニアを勧めない理由

ITエンジニアの30代は、マネージャの素質を見られる

ITエンジニアの30代は、プレイヤー(実際に作業をする人)ではなく、マネージャ(人を束ねて導く人)の素質を見られます。学校を卒業してすぐに業界に入り、10年前後のキャリアを持つ人も少なくありません。
また、併せて業務に合ったそれなりのベンダー資格といったものを要求される場合もあります。

30代未経験OKのITエンジニア募集は要注意!

しかし、現実には30代でも未経験OKのITエンジニア募集、という応募は存在します。
これは、多重請負等において数合わせの為、という場合が濃厚です。
また、「研修あり」と書いてあったとしても、あくまで自社内での研修(独学)であり、出向の為の辻褄が合わせという場合も少なくありません。
こういった点から、決して有利な条件で始まる訳ではなく、むしろ不利な状態からのスタートとなります。
もし事前に他業界である程度頑張った経緯がある等であれば、むしろその時の経験を活かす事ができますが、無職(ニート)であった場合は非常に不利と考えて良いでしょう。

職場が合わなかった時につぶしが利かない

ある程度手に職があれば次の会社を探すことも出来るのですが、未経験の場合ノンスキルである事に加え、「短期で退職した」という履歴書上のバツがついてしまいます。せめて何かしらを得られる3年を目処に続けたいものです。
また、同じ30代でも最初は運用オペレータといった20代新卒と同じ仕事から始まる場合も少なくありません。そこからどのように同年代のエンジニアに食い込むか、という事も併せて考える必要があります。

それでもITエンジニアを目指したい場合

企業は「なぜ今その職種を選ぶか」「それまで何をしていたか」「長く続けてくれるか」を重要視します。
ですので、予め年齢相応のベンダー資格などを取得しておくと良いでしょう。
例えば「基本情報技術者試験」「CCENT」「TOEIC」といった試験は取りやすいと思います。
また、謙虚さ、フットワークの軽さといった自身にしか無いポイントをアピール出来ると良いでしょう。

おわりに

30代でIT業界未経験から業界に入るのは、総じて厳しいという結論になりましたが、「それでもITで食べたい!」「コンピュータの仕事をしたい!」という強い意志があるのならば、アピールする価値はあると思います。

今後の将来像が描けない30代システムエンジニアの悩み

ストレスで病気になってしまった…

ITエンジニア特有の、長時間労働、納期、それらから来るプレッシャー、ストレスにより、ストレス性の病気になってしまう方も少なくありません。例えば胃潰瘍・十二指腸潰瘍・自立神経失調症・うつ病などがそれらに当たります。
そうなると、やはりまずは休養、次に転職を意識するのではないでしょうか。
しかし、いざ同業種(システムインテグレータ)だと、同じループにとらわれるのではないか…10年後・20年後に果たして食べていけるのだろうか、という不安はあります。

ITエンジニア35歳定年説

「プログラマ35歳定年説」は存在し、35歳を過ぎると急に身体が弱くなり、徹夜が出来ない等ムリができない身体になる事、および新しい技術の習得に時間がかかるといった事から、プログラマを続けるのは35歳まで、という説があります。
現実はプログラマに限らずITエンジニア全般的に言われる事であり、スキルの向上を怠っているとすぐに単価の安い若いエンジニアにシフトする場合もあります。

システムエンジニアを辞めて、新たな業界へ

いくつかの方法はありますが、まずは異業種へ転職する方法があります。
接客業や飲食業といった誰でも出来るお仕事から、簿記を勉強し会計の道へ、といった方もいらっしゃいます。
やはり給与が減る場合が多いですが、その分プライベートの時間にゆとりが出来たり、新しい仕事に活力が出てくる場合があります。

システムインテグレータの経験を活かし、ユーザー企業の情シスへ

こちらも異業種ではありますが、ユーザー企業の情シスといった社内システムエンジニアへ転職の道もあります。この場合、転職エージェントを使っての転職活動となる場合が多いようです。
こちらもやはり給与が減る場合もありますが、プライベートの時間が確保できる、残業が少ない等のメリットが多いようです。

ヒエラルキーの上に行けば行くほど、脱落者が居る現実

ヒエラルキーのピラミッドの上に行けば行くほど、純粋な三角形ですので脱落する人は多いのが現状です。
そんな中、ムリしてITエンジニアとして残り続ける必要は無いのでは無いでしょうか。
また、最近はクラウドソーシングといった形で新たな仕事に在宅でトライしてみる事も可能です。そういったシステムを上手く使い、本当に自分に向いている職種を見つけるのも良いでしょう。

35歳を過ぎても値崩れしないエンジニアになる

技術だけでは食べていけない30代

「気づいたらプログラマしかやってなかった…」「上流工程を一切やらせてもらえなかった…」そういった方は多いと思います。
しかし、現実には30代にはマネジメントスキルを中心に、技術以外にも様々な社会的スキルが求められ、それらのバックグラウンドがあってこそエンジニアとして値崩れしないポジションに立つ事ができます。

エンジニアではなくビジネスマンを志す。

エンジニアの給与は誰が払っているのでしょう?残念ながら自分の居る会社ではなく、顧客が払っています。そのため、よほどの大企業病に陥っていない限り、顧客の要望を満たす事がエンジニアの仕事となります。しかし、エンジニアはその手段として技術的解決が出来るというだけであり、本質はビジネスマンと何ら変わりはありません。

プレイヤーよりオーナーを志す。

会議のファシリテーターや勉強会のオーナーであったり、小さな飲み会でも幹事役を引き受けることで、自然とコミュニケーション能力や折衝能力、マネジメントスキルがついてきます。
また、複数回を重ねる事でPDCAサイクル(Plan-Do-Check-Actionの一連の改善サイクル)を意識せざるおえなくなり、よりマネジメントスキルがアップします。

2年以上そのポジションで停滞したら、次の道を探そう。

石の上にも三年という言葉がありますが、最初1年は新たな環境を吸収する事で精一杯です。次の2年で「新しい仕事をもらえない」「現場が成長しない」といった形で停滞を意識した場合、次の現場を探しましょう。ただし、受動的に仕事を貰えない、は論外です。能動的に仕事を作って任せられていくエンジニアを現場は欲しています。

ドキュメントを書けるエンジニアは重宝される

システムを構築する、実際に運用するといった人たちは、皆ドキュメントに従って作業を行います。よって、設計および作業計画を立てる際には、ドキュメント作成が必ず必要となります。具体的には、作業手順書・パラメータシートといったところから、上流工程ではガントチャートであったりタイムスケジュール表といったリソースを管理するドキュメントまで、幅広い世界です。また、先に出たPDCAサイクルも、ドキュメント改版の際には重要なスキルとなります。

おわりに

物事は、「守破離」を意識することで、自分の今居るポジションがわかるようになります。
「守」で今の型を身につけ、「破」で自分の型を作り、「離」でそれらの型に囚われない自由な発想が出来る、という日本における茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方を示しています。しかしこれはITスキルにおいても同様に適用できるものであり、これが意識できると格段にスキルアップが早くなります。

30代のSEの年収はどれくらいが相場?

SEの仕事は内容によって収入も大きく異なります。
もちろん、就業をする企業によっても収入格差はあるので、どれくらいが相場となっているのか確認をしても、目安程度に考えておいたほうがよいでしょう。

30代でSEの仕事へ転職をしたいと考えた場合、どれくらいの年収を得ることが出来るのでしょうか?
今までのキャリアやスキルによっても提示される年収は異なるかもしれませんが、相場としては500~600万円なのでこのくらいを見込んでおくとよいでしょう。
国内資本と外資系でも相場は異なります。
外資系は能力主義のところが多いので、成果がよければ昇進をすることができます。
昇進をすることができれば、その分収入もアップします。
頑張れば頑張っただけの収入を得ることが出来るようになるので、それがやりがいにもつながっていくのです。

中には東証一部上場の社内SEで800万前後を得ることができたという人もいます。
30代後半で役職なし、さらに残業代込なのでどれくらいの残業を行ったのかによっても変わってくるでしょう。
社内SEは客先常駐というわけではないので、就業環境はよいほうかもしれません。
周りには自社の社員がいるので、不満などがあった場合でもすぐに相談をすることが出来たり、客先常駐のように疎外感を感じることもなく、仕事をすることができます。

同じ社内SEであってもコンサルタント能力を求めるような部署であれば、もっと年収は高い場合が多いです。
しかしコンサルタント能力は誰にでもあるものではありません。
貴重な存在となってくるので、年収も高く設定されていることが多いです。

SEに転職を考えているのであれば、どういう仕事をするのか、どこで仕事をするのか、ということをキチンと考えたほうがよいです。
そうしないと年収にも大きな開きが出てきてしまうので、転職をしたのに思うような年収アップをすることができなかったという事態に陥ってしまうことも考えられます。
転職をする企業についての情報も収集しておき、実績や顧客にはどのような企業があるのか、ということも確認することが出来ればやっておいたほうがよいでしょう。

同じ30代であっても前半と後半では年収が異なることもあるようです。
キャリアがあれば、高収入を得ることができますし、能力を伸ばすことができるのであれば、それもまた年収アップにつながっていきます。
外資系なのか国内資本なのかという点も考えておきましょう。

30代で未経験でもSEの仕事はできるのか

SEの仕事は幅が広いです。
一言にSEと言っても就業をするところによってやるべき仕事内容はかなり異なります。
社内SEなのか、客先常駐のSEなのかによっても就業環境は異なります。
システムに関する専門的な知識がなければできない仕事でもあるので、未経験でSEに転職をしたいという場合にはかなり厳しいでしょう。

30代未経験でSEの仕事に就きたいと考えた場合、その転職は可能なのでしょうか?
正直、難しい点はあります。
転職にも年齢のリミットがあり、30代でも後半になってくるとかなり厳しい状況に陥ります。

しかし中には未経験者でも就業可能としているIT会社もあります。
未経験であっても、ITに関する知識や技術がなければ出来ないので、独学で習得をしたような人であれば、転職も可能となる場合があります。

SEからWEBデザイナーを目指したいと考えて、まずはSEへ転職をすることもあります。
そのような目的を持っている人であれば、向上心もあるので採用される可能性は高いようです。

未経験者でもスキルを磨きたいと考えているのであれば、やる気も感じることが出来るでしょう。
就業をする企業によっては昼夜問わずに仕事をしなければいけない場合があります。
シフト制を導入しており、いつでも対応をすることが出来る勤務形態を取っている場合もあります。
そのようなIT関連企業に就業をする場合、体力も求められます。
30代であっても体力に自信があるならば、企業側も積極的に採用をしてくれることもあります。

体力だけではなく、SEには頭の良さも求めることがあります。
どのように仕事をすれば、スムーズなのか、また納期に間に合うのかということを常に考えているような人であれば、未経験者であっても今後仕事をしていく中で大幅に伸びる可能性を秘めています。
未経験者でしかも30代ともなると、SEとしてこれから先仕事をするのは難しい場合も多いのですが、企業によっても仕事内容によってもあまり気にしないというところもあるので、求人情報をこまめにチェックしてみるとよいです。

未経験者からのSE転職を支援してくれる専門転職サイトもあるので、利用をしてみるとよいですし、情報もインターネットであれば、収集しやすくなっているということもあるので、まずは多くの情報を収集することから始めてみるとよいでしょう。
30代であればコミュニケーションスキルも期待することが出来るので、その点を売りにすることもできます。

30代のSEが取っておきたい資格

30代のseと言えば、最もコンピューター業界では脂の乗っている時期です。

それこそまだ衰える年齢でもないので体力もありますし、20代の駆け出しseとは違って技術的な知識もかなり身に着けています。

そして、この30代という年齢はseにとっては帰路にもなっています。
20代の頃はただひたすら技術の習得に邁進していけばいい年代でした。
しかし、30代になってくると技術者としての側面よりも、プロジェクトをマネジメントするというプロジェクトマネジメントの能力が強く求められるようになります。

コンピューター業界ではエンジニアは2回転職すると言われています。
最初はプログラマーでスタートして3~5年程度の経験を積みます。
コンピューターの知識というのはベースは全てプログラムにあります。
このようなプログラミングの知識を身に着けるために最初はプログラマーとしてキャリアをスタートさせます。

その後プログラマーとしてある程度のプログラミングが出来るようになった段階で1度目の転職です。
プログラマーとしてプログラムを書いていれば良かったのが、実際に顧客と折衝してシスエムの要件を固めたり、設計書を書いたりするseになります。
ここからはプログラミングの知識だけではなく、ネットワークやデーターベース、そしてサーバなど、それこそハードウェアからソフトウェアに至るまでの広い知識が要求されるようになります。

また、顧客と折衝する機会も増えてくるので人間的な力、すなわちヒューマンスキルやコミュニケーション能力を強く求められるようになります。
このようにseとして3~5年の経験を得た後に、プロジェクトマネージャーとしてプロジェクトの進捗を管理したり、予算を管理してプロジェクトを黒字化させるといったような役割を果たすようになります。
30代のseはまさにこの段階です。

このプロジェクトマネジメントを学ぶ30代のseにはやはりプロジェクトマネジメント系の資格を取得する事が推奨されます。
代表的な例はPMI本部が認定しているPMP試験です。
この試験はプロジェクトマネジメントとは何かというその考え方を幅広く身に着けるための試験になっています。
また、情報処理技術者試験のプロジェクトマネージャー試験というのも取得を推奨されている資格になります。
このようなプロジェクトマネジメントの基礎知識を試験を通して身に着けて、実際に現場でプロジェクトマネジメントに従事するのが30代のseの典型的な姿です。

30代SEのキャリアプラン

仕事は始めたばかりの20代は、ただがむしゃらに仕事をこなしていればよかったけれど、多くのエンジニアは、30代に入ると、自分の将来の展望を考えはじめます。
このまま同じような仕事をして、毎日を繰り返すのはどうだろうか?ここでこれ以上のスキルアップはのぞめるのだろうか?などの疑問がでてくるのです。
また、目に見えて、仕事ができるエンジニアと、そうでないエンジニアとが分かってくる年代でもあります。

新入社員がやるような仕事を回すには、ちょっと気がひけ、かといえ大きな仕様を任せるには頼りなく、業務知識が足りないといった、年齢的にも使いづらい人がでてきます。
自分できづいてスキルアップをはかったり、と努力される方は、さらに伸びる可能性がありますが、そうでない人は、異業種への転職を考えて欲しいものです。
現場には技術がつかえないエンジニアはいらないのです。

30代のエンジニアが転職で求めるものとして。「ワンランク上の職域へのステップアップ」「IT業界内での異職種への転身」「技術をとことん究めたい」などが多いです。
ステップアップを求めるのはエンジニア気質ゆえのもの。要求されたものを要求された通りに推し進めていくのは、経験を積んだエンジニアにとってはルーチンワークとかわらず、つまらないものになってきます。自らが提案し、自分のスキルを遺憾なく発揮できる場所を求め始めるのです。

転職先としては、今まで培った能力をシステム開発以外で発揮し、自分らしく仕事がしたい方が多く、売上の数字として目に見えたり、やりがいがあるところが魅力の「 ITコンサルタント(戦略系)」や「ユーザーサポート」などが人気です。
そして、技術をもっていてナンボ、「技術屋」と呼ばれるSE。「今以上の技術を身につけたい」や「今のままでは技術的に置いていかれる」などの意見があります。後者は、日々、進歩するIT業界についていけるか?という不安の表れですね。
転職の理由は、以上の他にも「とにかく年収をあげたい」「ITの世界から離れたい」といった声も聞こえます。

これから定年まで長い時間を過ごすであろう転職先には、自分がやりたい仕事ができるかどうか?自分がやる意義があるかどうか?興味を持てるないようであるかどうか?を大切に選ぶことが賢明です。
現場は即戦力を求めているので、スキルをもったエンジニアは歓迎されるのです。
エンジニアのピークは30代といわれていますが、自分を最大限に売り込めるのも最後のチャンス。定年まで残すところ30年余り。慎重に転職を考えたいものです。

30代SEが異業種への転職を考える

30代で今までSEの仕事をしていた人が異業種へ転職したいと考えることは多いようです。
SEの仕事に限界を感じたり、就業をする企業によっては肉体的にも精神的にもきついと感じてしまうこともあります。
心の病に罹患をしてしまうという人も多いので、SEから別の仕事への転職をしたいと思うこともあるようです。

30代で異業種への転職は可能性としてどうなのでしょうか?
実はIT系の転職者は25.5%が同業種や職種内、逆に74.5%の人が異業種へ転職をしているというデータがあります。
ですから異業種への転職は難しいことではないようです。
SEへ転職をしたいという場合には、キャリアやスキルが必要となることが多いので、難しいということがあるようですが、前職がSEで異業種へという場合であれば、転職も行いやすいようです。
ITエンジニアの転職まとめサイト⇒http://itengineer-career.com/

今までのSEとしてのキャリアやスキルを全く生かさない異業種というのも選択肢として考えてみるとよいでしょう。
体力重視の仕事もありますし、未経験であっても職人のような仕事をすることもできます。
転職をするのであれば、まず自分に出来ることを考えるのも大切ですが、自分でやってみたいと思う仕事にチャレンジをしてみるのもいいかもしれません。

注意をしなければいけないのが、転職をしたところがブラック企業であるかもしれない、ということです。
IT関連の企業の中には、ブラック企業に分類されてしまうようなところもあります。
労働基準法を遵守しないというのは以ての他です。
IT関連業は比較的歴史の浅い業界でもあるので、しきたりというものにあまり縛られることがありません。
ですからルール違反も起きてしまう可能性があります。

近年ではブラック企業が問題となっています。
SEから転職をした企業が更にブラック企業だった、という可能性も捨てきれません。
事前に本当に大丈夫なのか、ブラック企業ではないのかということも確認しておくとよいでしょう。
インターネットの口コミでもチェックをすることが出来るようになっているので、参考にしてみるとよいです。

今の仕事に嫌気が指したので転職をしたい、というのも転職のタイミングとしてはいいのかもしれませんが、部署を異動するということも同じ企業にいながら違う仕事に関わることが出来るようになるので、ちょっとした転職気分を味わうことが出来るかもしれません。
異業種ともなるとハードルも高くなってしまうことがあるので、十分に検討をしたほうがよいでしょう。